賢く使おう!レンタルスーツのメリット・デメリット

こんな部分に要注意!レンタルスーツの落とし穴

プランによっては費用が高額に?

スーツレンタルはサービスを提供している企業によって、いくつかのプランがあります。そのプランによっては購入の方が安くなるケースもあるので注意が必要です。
例えばブランドスーツに特化したプランは、数回であればそのブランドスーツの金額には達しませんが毎日様にレンタルする場合は、正直現品を購入した方が安くすみます。この様に事前にプランをしっかりと把握しないと節約どころか全くの逆効果になるので注意して下さい。
実際にスーツレンタルをしたのは良いが、ブランドや見栄えばかりに執着してプランを決めたので継続しての契約が難しくなったケースはとても多い様です。回避方法はプランを理解し、ランニングコストとして計算する事です。

延長やペナルティもある?

もしレンタルスーツ汚れを付けてしまったり、指定された期日までに返却出来なかったりすると当然ペナルティを課せられます。
延長料金はサイトに掲載されているので、事前に確認出来ます。不備があった場合は場合によって買取しなければならない事もあります。また企業が指定している方法以外での返却もNGです。超過料金を発生させない為にも、少し期日が残っていても使いまわさずにサッと返却するのがベストです。
別の項目でも説明しましたが、特にネットでのレンタル契約は急な冠婚葬祭などには対応出来ない事もありますので、出来れば予備のスーツを1着くらいは用意しておくのが良いでしょう。契約時に身分証明書の提示も求められるので、これらを取得していない方は契約が出来ないので注意点の一つです。


この記事をシェアする