賢く使おう!レンタルスーツのメリット・デメリット

スールレンタルのデメリットはある?

他人が着たスーツ

いくらクリーニングや専門企業が手入れをしているからといっても、レンタルスーツは自分以外の誰かが着用したものです。それに耐えられない人には向いていないサービスですので、契約までに今一度自分の胸に確認してみましょう。
またデメリットの一つとして、企業によっては履き古されたスーツが届く可能性があります。これは自分で好みのスーツをチョイスする事が出来るサービスに多く、人気だからこそのデメリットです。
また古くなったスーツだと汚れやほつれが目立つものもあります。企業ではこのような不備が無い様にしっかりとチェックをしていますが、完全に失くすのは難しい様です。
契約内容によってはスーツ、ネクタイ、ズボンのみでベルトやネクタイピンは含まれていないケースがほとんどです。

気持ち的なデメリット?

今はあまり盛んではありませんが、スーツを頻繁に着用しない方同士で貸し借りを行うケースもあります。はっきり言ってスーツレンタルと変わりませんが、誰が着ているのか?という事が分かるので安心ですし、返却の目処も立ちやすいです。また貸し借りから出来る人間関係もありますので、かならずしも企業相手のスーツレンタルはメリットばかりではありません。
また初めて買ったスーツや就活の時に使った、仕事で成功したので奮発したといったヒストリーを感じる事が出来ないので思い出や目に見えない物を大切にする方にはデメリットに感じられます。
もちろん急な依頼の場合は時間がかかり、間に合わないケースもあるので合わせてデメリットに入ります。


この記事をシェアする